手打ち蕎麦はじめました


園部まごころステーション陽だまりでは、これまでも好評をいただいていたうどんやカレーライスなどの他に、食事メニューとして、火・水曜日限定で手打ち蕎麦をはじめました。
南丹市の隣の京丹波町で「質美 中なか」(京丹波町質美澤田ノ下13)という店をやっておられる蕎麦職人の方に来ていただき、喉ごしにこだわった手打ちの二八蕎麦をお出ししています。

蕎麦は福井県産の蕎麦粉を特別な方法で挽いてもらっているほか、つゆにもこだわり、つけ汁には、2ヶ月以上寝かした特別なかえしを鰹を基本とした出汁で割ったものを使っています。
ざる蕎麦にあわせている薬味も、信州安曇野産のきざみ山葵や、さっと洗ってヌメリを取った葱など、ひと手間かけたものをお出ししています。

蕎麦を提供する日は、今まで以上にお客さんも来られ、接客をしている利用者のみなさんも、新しい仕事に張り切ってチャレンジしています。

お近くにこられた際は、ぜひお立ち寄りいただき、本格的な手打ち蕎麦をご賞味ください。(蕎麦は麺がなくなり次第終了となります)

【まごころステーション】

コメントは停止中です。