伊勢大神楽がやってきた


園部まごころステーション陽だまりが位置する南丹市園部町には、日本最古の天満宮といわれ、全国の天満宮の中でも唯一、菅原道真公が存命中に祀られたという生身天満宮があります

毎年5月1日には春季例祭が執り行われ、町内には、稚児行列や神輿行列、奉納される伊勢大神楽の笛や太鼓の音が響きます

そんな中、今年の春祭りでは、陽だまりにも伊勢大神楽がやってきました

  

施設の前で獅子舞に舞ってもらったあと、獅子に頭を噛んでもらうとご利益があると云われており、利用者の方も噛んでもらっていました

生身天満宮の春祭りが終わると、いよいよ初夏の足音が近づいてきます

【園部まごころステーション】

コメントは停止中です。