高次脳機能障害交流会夏の陣


8月11日(金・祝)、「高次脳機能障害交流会夏の陣 ~出石そばとレザークラフト体験~」と題し、但馬の小京都として有名な兵庫県豊岡市出石町へ出かけました。

春の交流会で当事者からの希望を基に当事者と一緒に考え、当事者主体の取り組みを実施しました。

当日は午前10時過ぎにバスに乗ってかもめを出発、一路出石町へ。

今回の参加者は6名と家族の方が1名、付き添いの職員5名の総勢12名となりました。

当事者が主となって挨拶等を行い、かもめとしてはサポートにまわりました。

出石町に到着した一行は、出石と言えば蕎麦ということで出石名物皿そばの御膳をいただきました。

生玉子や山芋などの薬味で味が変わる出石そばは、大変美味しゅうございました。

昼食の後、出石の城下町を散策し、レザークラフト体験でお財布(小物入れ)作りに挑戦。

ポンチで革に穴を空けたり、装飾の鋲を打ったりして、旅の記念になる物が出来上がりました。

交流会に参加することで、参加者同士が顔なじみになって生活面での話題が広がり、いろんな繋がりができれば嬉しいことです。

次回も冬頃に予定しておりますので、ぜひご参加ください。

【支援センターかもめ】

コメントは停止中です。