新年の挨拶と、年末の行事報告


明けまして、おめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

平成29年1月
職員一同

平年とは違い温かい気候の中、平成29年がスタートしました
今回は、年末に実施した3つの行事の模様をご紹介します

■合同クリスマス会開催
12月23日、支援センターかもめと、島崎げんきっこ広場さんとの合同クリスマス会を行いました
雨が降る足元が悪い中にもかかわらず、たくさんの方に参加していただき、ハンドベルの演奏や手話歌、福笑いをしたりして楽しみました

また、お招きしたけん玉の先生から手ほどきを受け、けん玉に挑戦したり、先生の見事な技を見せていただき、参加者からは大きな歓声が起こっていました
最後はサンタさんからプレゼントをもらい、心あたたかな行事となりました

■餅つき大会開催
合同クリスマス会と同じ日、12月23日の午後からは、高次脳機能障害交流会で餅つきを実施しました
大きな杵と臼を使った本格的な餅つきのあと、つきたてのお餅をみんなで食べながら、自己紹介をしたりして楽しく交流が出来ました

今回、交流会に初めて参加される方もおられ、今後もこの交流会を通じ、参加者同士の輪が広がっていけばうれしく思います

■サロンで年越し蕎麦
平成28年の締め括りとして、12月28日、サロンで年越し蕎麦をいただきました
今回いただいた蕎麦は、支援センターかもめの所長特製の手打ち蕎麦です
蕎麦は、「挽きたて」「打ちたて」「湯がきたて」の「さんたて」が一番美味しいとよく言いますが、今回は打ちたて・湯がきたての、蕎麦湯付きでいただきました

参加者の中には、目を閉じて「おいしい」と一口一口噛みしめている利用者さんもおられました
無事に年を越し、今年もみなさんにとって良い年となることを願います

 

【支援センターかもめ】

コメントは停止中です。