平成31年度 新規採用募集要項について 追加


平成31年度の正規職員新規採用募集要項を変更し掲載しました

採用については、随時募集及び見学を受け付けております

「採用情報」からご覧ください

舞鶴赤れんがハーフマラソン2018でボランティア活動


昨年に引き続いて、京都府舞鶴市で開催された、舞鶴赤れんがハーフマラソン2018に、給水所のボランティアとして参加しました。

平成30年10月8日(月)、ハーフマラソン当日は、舞鶴市内にある事業所をはじめ、南丹市、宮津市の法人内各事業所から総勢21名の職員が参加しました。

当日は、台風一過となり、真夏のような気温上昇にともなって、舞鶴身体障害者福祉センター前での給水所ボランティア活動は、目が回るような忙しさでしたが、選手の皆さんへ少しでもおもてなしの心が伝わっていたら幸いです。

これからも地域の皆様とともにある法人を目指し、地域貢献できる活動を続けていきたいと思います。

【法人事務局】

第11回京都太陽の園後援会主催チャリティゴルフ大会開催


第11回京都太陽の園後援会主催チャリティゴルフ大会が 平成30年9月27日木曜日、南丹市のるり渓ゴルフクラブで開催されました。

台風24号の影響か、あいにくの曇り空となりましたが、参加者の皆さんは、東・中・西の各コースにわかれプレーを楽しまれました。

プレー終了後には、成績発表を兼ねた懇親会も開催し、小泉顕雄後援会会長から垣村和男理事長へチャリティ金の贈呈や、各賞の発表のあと、男女の優勝者の表彰がおこなわれました。

今回の大会で頂きました、参加者63名の皆様の、心のこもったチャリティ金126,000円は、障害者福祉のさらなる発展のため、大切に使わせていただきます。

ありがとうございました。

【法人事務局】

故野中廣務最高顧問胸像除幕式が行われました


9月3日(月)10時より、障害者支援施設こひつじの苑玄関ロビーにて、本年1月26日に亡くなられた、故野中廣務最高顧問の胸像除幕式が執り行われました。

故野中廣務最高顧問は、長年に渡り、社会福祉法人京都太陽の園の理事長として、また、理事長退任後は最高顧問として障害者福祉の発展に尽力されました。

除幕式では、胸像を寄贈していただいた、法人の理事でもある、学校法人二本松学院京都伝統工芸大学校の新谷秀一理事長、胸像を作成していただいた同大学校の山本孝子先生、また、故野中最高顧問の長女である河合多恵子さんとご主人の河合純さん、そして、法人の垣村理事長の手により、胸像が披露されました。

胸像に再現された温厚なお顔からは、在りし日の、暖かい眼差しで障害を持たれた方々に接せられた最高顧問の姿が偲ばれました。

【法人事務局】

平成31年度 新規採用募集要項について


平成31年度の正規職員新規採用募集要項を掲載しました

「採用情報」からご覧ください

平成29年度決算状況について


平成29年度の決算状況については、「法人概要」から「決算状況」をご覧ください

法人内部主任者研修開催


社会福祉法人京都太陽の園では、法人内部の研修部会で一般職員向けや主任クラス以上の職員向けなど、毎年様々なテーマで研修を企画・開催しています。

今年度の主任クラス以上の職員向けの研修テーマの一つとして、基本的な労務管理として勤怠管理を中心に学びました。

4月21日、宮津シーサイドマートミップル内にある研修室を会場に、原法人事務局次長を講師とし1日に渡る研修を行いました。

対象となった主任クラス以上の職員28名は、日々労務管理を実践する立場にあるため、皆、熱心に研修に聞き入っていました。

【法人事務局】

平成30年度第1回理事会開催


平成30年6月12日、障害者支援施設こひつじの苑会議室に於いて、平成30年度第1回理事会が開催されました。

また、理事会開催前には、地元のケーブルテレビも取材にこられ、本年1月26日に亡くなられた故野中廣務前理事長の胸像が披露されました。
この胸像は、前理事長の法人に対する生前の功績を讃え、新谷秀一理事が理事長をされているご縁から、市内にある学校法人二本松学院京都伝統工芸大学校の山本孝子先生に製作していただきました。

胸像については、近日中にお披露目会を行う予定です。

当日審議された主な議題

第1号議案 平成29年度事業報告(案)並びに決算(案)について

第2号議案 正規職員就業規則の改正(案)について

第3号議案 経理規定の改正(案)について

第4号議案 定時評議員会の開催日時及び場所、議題等の決定について

議案は全て承認されました。

【法人事務局】

平成30年度新規採用職員研修


社会福祉法人京都太陽の園の平成30年度新規採用職員研修が、4月11日から3日間の日程で行われました。

今年度は、7名の職員が採用されました

1日目は、垣村和男理事長からの訓辞と各事業所施設長の紹介と続き、その後、午前中に垣村理事長と内藤事務局長の講義、午後からは障害者生活支援センターこひつじの今西施設長の講義がありました。

2日目は、舞鶴市に会場を移し、午前中はこひつじの苑舞鶴の中西施設長と、京都太陽の園の高屋施設長の講義があり、午後からはこひつじの苑の岩内施設長と、舞鶴市身体障害者福祉センターの富永施設長から講義がありました

最終日となる3日目は、会場を宮津市に移し、午前中は、宮津サンホームの田向施設長と園部まごころステーションの崎山施設長の講義、午後からは演習として、新規採用職員同士で行う自己覚知についてのグループワークなどを行いました

3日間とも、講義と講義の間に各事業所の見学などもあり、新規採用職員の7名は熱心に聞き入っていました

7名の新規採用職員の今後の活躍に期待いたします。

【法人事務局】

平成30年度施設長人事について


平成30年度の施設長人事に伴い、4月2日(月)に辞令交付式が行われました

垣村和男理事長より、異動となった施設長へ辞令が手渡されたあと、理事長から「初心に帰り、気持ちを新たに、心のこもった利用者サービスを目指してください」と訓辞をいただきました

社会福祉法人京都太陽の園の平成30年度施設長人事は次のとおりです

※施設長人事はpdfファイルとなっています(クリックしますと別ウインドウが開きます)

【社会福祉法人京都太陽の園】