こひつじの苑 秋の行事


12月に入り、気温もぐっと低くなってきました。
今回は、こひつじの苑でこの秋に行われたいくつかの行事をご紹介します。

平成29年10月7日(土)、毎年恒例のこひつじの苑・京都太陽の園合同秋のスポーツフェスティバルが開催される予定でしたが、今年はあいにく前日からの雨で中止となりました。

しかし、楽しみにしていたご利用者の気持ちもあり、南広場駐車場での合同開催は中止となりましたが、各々の施設内にてミニ運動会を開催しました。
開会式では、選手宣誓をお願いしていた利用者の方が、何日も前から毎日練習をして宣誓に臨み、立派な選手宣誓を聞くことができました。
こひつじの苑では、パン食い競争や、男女別対抗玉入れ、職員と家族による障害物競争などを行い、利用者・家族・職員皆で楽しくすごすことができました。

平成29年11月25日(土)、グループ活動の一環として行っている、利用者10名によるトーンチャイムの発表が行われました。

トーンチャイムは、1本につき一つの音程が出るチャイムを複数本用い、グループで演奏をする楽器です。
当日は、クリスマスの1ヶ月前でもあり、12月のクリスマス行事での発表に向けて衣装をまとい、皆で心をひとつにし、日頃の練習の成果を存分に披露できました。
発表会に合わせ、寄附でいただいたさつまいもを使い、厨房職員が腕をふるって作ったスイートポテトも振る舞われ、音楽とお菓子で午後のひとときを過ごしました。

こひつじの苑では、日々ご利用者の方々が楽しめる様々な行事を行っています。

【障害者支援施設こひつじの苑】

コメントは停止中です。