新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

新年を無事迎えられましたことは、私どもの法人に対する、皆様方のご指導・ご支援の賜物と、心より厚く感謝申し上げます。

さて、未だ収束の見通しがつかないコロナ禍の中ではありますが、当法人は、2021年も「利用者に笑顔を、家族に安心を、地域に貢献を」目指し、役職員一丸となって日々精進してまいりますので、変わらぬお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

昨年は、働き方改革の一環として「同一労働同一賃金」の新制度が導入されました。当法人におきましては、職員の仕事内容や能力を適正に評価し、また、不足する職員を新たに採用することにより、社会からの信頼を得て存立できることを、あらためて認識しなければならないと思っております。

後になりましたが、京都府をはじめ各関係機関、後援会の皆様、地域の皆様、ボランティアの皆様、そして法人を支えてくださいます皆様のご健勝とご多幸をご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

令和3年1月
社会福祉法人京都太陽の園
理事長 垣 村 和 男

【法人事務局】

コメントは停止中です。