平成30年度新規採用職員研修


社会福祉法人京都太陽の園の平成30年度新規採用職員研修が、4月11日から3日間の日程で行われました。

今年度は、7名の職員が採用されました

1日目は、垣村和男理事長からの訓辞と各事業所施設長の紹介と続き、その後、午前中に垣村理事長と内藤事務局長の講義、午後からは障害者生活支援センターこひつじの今西施設長の講義がありました。

2日目は、舞鶴市に会場を移し、午前中はこひつじの苑舞鶴の中西施設長と、京都太陽の園の高屋施設長の講義があり、午後からはこひつじの苑の岩内施設長と、舞鶴市身体障害者福祉センターの富永施設長から講義がありました

最終日となる3日目は、会場を宮津市に移し、午前中は、宮津サンホームの田向施設長と園部まごころステーションの崎山施設長の講義、午後からは演習として、新規採用職員同士で行う自己覚知についてのグループワークなどを行いました

3日間とも、講義と講義の間に各事業所の見学などもあり、新規採用職員の7名は熱心に聞き入っていました

7名の新規採用職員の今後の活躍に期待いたします。

【法人事務局】

コメントは停止中です。