舞鶴赤れんがハーフマラソンでボランティア活動


京都府舞鶴市で開催された、舞鶴赤れんがハーフマラソン2017に、給水所のボランティアとして参加しました。

法人の事業所のひとつ、舞鶴市身体障害者福祉センターは、ハーフマラソンのコース脇にあり、毎年、給水所が設置され、センター職員がボランティアとしてお手伝いをさせて頂いていましたが、今回、社会福祉法人京都太陽の園として、給水所のボランティア活動を行いました。

平成29年10月9日(月)、ハーフマラソン当日は、舞鶴市内にある事業所をはじめ、南丹市、宮津市の法人内各事業所から総勢18名の職員が参加しました。

ハーフマラソンのスタート直後にある給水所のため、1,500名を超すランナーが一気に走ってこられ、汗ばむ程の陽気の中、用意していたスポーツドリンクと水は瞬く間に少なくなるような状態でした。

給水所の横では、センターのマスコットキャラクターのぽれぽれちゃんも、選手の皆さんを応援しました。

今回は短い時間での活動でしたが、これからも地域へ貢献できる活動を続けていきたいと思います。

【法人事務局】

コメントは停止中です。